会長(学長)挨拶
平成20年12月
   

 

 

 

 

     茨城大学社会連携事業会会長

        茨城大学長  池田 幸雄

 

 日頃より、茨城大学に対しまして、様々なご支援を頂き、本当に有難う御座います。お陰様で、茨城大学の連携活動が順調に進んでおりまして、その成果を確実に挙げつつあります。これもすべて皆様のご支援の賜物で御座いまして、心より感謝を申し上げます。
 茨城大学は、地域振興・社会貢献を大学の重要な柱と考えております。したがって、今後は茨城県全域を対象として、積極的に地域振興・社会貢献を推進して参る所存で御座います。茨城県の県南・県央・県北の其々に対して、茨城大学の全学部が関与して、従来よりも更に踏み込んだ地域貢献を展開したいと考えております。
 日本経済新聞(平成20年10月)によると、国公私立大学を含む全国大学の「地域貢献度ランキング」で、茨城大学は11位にランクされました。これは平成19年度までの地域貢献度が高く評価されたことを示しております。茨城大学が平成20年度以降も、地域貢献を更に積極的に推進すれば、更に高い評価を受けるであろうと考えております。
 社会連携事業会は、平成16年に社会連携・地域貢献を目的として設立されました。これは、学内外の多くの方々から社会連携事業会に寄付や会費を頂き、本学の地域連携推進本部を通じて、本学の学生や留学生の活動に対する支援を中心に、地域貢献活動等を積極的に支援するために役立たせて頂いております。特に、学生による地域参画プロジェクトは、大変活発で、地域の方々より評価されております。
 社会連携事業会は本学の地域振興・社会貢献の要であり、今後とも継続的にご支援頂ければ、茨城大学の活動をさらに強力に推進することが出来ます。「茨城県民への地域貢献」と「未来を担う学生」のため、本事業会に対するご支援を頂きたく、よろしく、お願い申し上げます。

以上

 

平成20年12月のみなさまへのごあいさつ

平成20年 4月のみなさまへのごあいさつ
平成17年 6月のみなさまへのごあいさつ
平成16年 9月のみなさまへのごあいさつ

 



ひとつ前に戻る


茨城大学 社会連携事業会
Copyright(c) 2004 Community as A Partner Programs, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.